『ひとが輝き 文化の薫る 世界に拓かれたまち いちき串木野』へようこそ!

お問合せ先  メールでのお問合せはこちら

facebook

甑島商船運行状況

甑島商船ホームページ

萬造寺斉 生誕の地


萬造寺斉生誕の地.JPG

 

 

萬造寺斉は、明治19年(1886年)いちき串木野羽島に生まれた。
明治41年(1908年)東京帝国大学(現東京大学)英文科に入学と同時に、与謝野寛の門下生となり石川啄木、高村光太郎、北原白秋などとも交友を深めた。
大正6年(1917年)東京から京都に移り住み、京都の自然を愛した。折をみては全国の山を数多く踏破し、燃える思いを歌にあらわし、歌集「憧憬(どうけい)と漂白(ひょうはく)」「山嶽頌(さんがくしょう)」などを出版した。
昭和32年(1957年)7月、70歳の生涯を閉じ、同年11月に文学葬が母校羽島小学校で行われた。顕彰会では昭和35年(1960年)羽島崎に望郷歌3首を刻んだ歌碑を建立、佐藤春夫も列席、昭和37年(1962年)萬造寺斉選集10巻が編さんされている。



萬造寺斉 生誕の地

いちき串木野市羽島

 

お問合せは いちき串木野総合観光案内所 TEL. 0996-32-5256

 

31.755802841202975,130.20703062415123